【桃澤神社】【桃澤神社中社】 #40  “ 富士山 信仰 “

お社スピリチュアル旅路
お社

〜 下社(里宮) 中社(中宮) 上社(奥宮) 神社って何 〜

前回の大室山で磐長姫命に会い、富士山の眺望を見ました。

大変綺麗です、富士山は気になるものの現在、登山はできません。

 あわせて読みたい【大室山】#37〜富士山 大室山からの眺望〜

その代わりにその手前に見える愛鷹山に登ってみようと思います。

愛鷹山にも神社が有りそうです。

登山よりはハイキング、楽しく登りたいと思います。

今回は愛鷹山山頂にある神社に参拝したく、桃澤神社の参拝を選びました。

どうも、桃澤神社は下社、中社、上社とあるとのことです。

浅間神社の奥宮 富士山と愛鷹山御祭神が木花開耶姫命大室山浅間神社の磐長姫命の妹姫になります。

と言うことは桃澤神社の御祭神も木花咲耶姫命と言うことになります。

富士山の海側前面にあり、雪化粧も大変綺麗です。

6回神社仏閣遠征は312日〜322日の旅です。

スピリチュアルへの道***旅編 プチ遠征⑥ 静岡県沼津市

【桃澤神社】#40  20210315

桃澤神社は静岡県沼津市青野にあります。

沼津駅の西へ国道1号線沼津バイパス7~8Km、北上しの国道22号根方街道から少し入った青野に鎮座しています。

根方街道から300mほどは車の行き来が難しい所に境内が。

この土地の産土神の為、駐車場が無く少し境内に頭を入れた形で駐車させて頂きました。

桃澤神社里社

桃澤神社里社

桃澤神社里社 鳥居

接道を南に下り改めて鳥居より軽く一礼をし鳥居をくぐる。

鳥居

鳥居

鳥居が造られたのが平成2年とまだ新しい。

桃澤神社 再建の碑

桃澤神社 再建の碑

桃澤神社 再建の碑

桃澤神社里社

桃澤神社里社

階段を登ります。

桃澤神社 

桃澤神社

狛犬に挨拶をして下社(里宮)に参拝

神社の背面、10km程の位置の北側に愛鷹山桃澤神社奥宮があります。

愛鷹山登山の報告をして先を急ぎます。

先ほど通った細い道を根方街道に戻り、根方街道の西をすぐ北上、新幹線、東名を越えます。

新東名を越えた辺りから交互運転の難しい道を経て中社(中宮)に着きます。

【桃澤神社 中宮】#40  20210315

茶畑〜駿河湾

茶畑〜駿河湾

中宮は桃澤神社里宮から北に2.5km程の山道から左折をするとすぐの場所にあります。

いきなりの景色の良さにびっくりします。

眼下には沼津の西部、駿河湾、その先大瀬崎、御浜岬の半島を眺めます。

茶畑を囲む様にお社を祀っています。

境内は愛鷹山の南に位置し、丁度、茶畑や東名高速道路を護るかの様子です。

中宮 駐車場

中宮 駐車場

細い山道の割に駐車場は数台置けるスペースがあります。

中宮 鳥居

中宮 鳥居

鳥居の前で軽く一礼をします。

参道

参道

参道を歩き。

桃澤神社中宮

桃澤神社中宮

お社に参拝。

背面には愛鷹山、奥宮が見下ろしています。

茶畑眺望

茶畑眺望

茶畑からの眺望 参道

鳥居

鳥居

鳥居 平成9年 新しいです。

愛鷹山1188mの南に位置し、10km程度と水平距離では近いです。

標高は400m位あるのでしょうか。

本日中に愛鷹山登れるのか?

通称は愛鷹明神、式内社・桃澤神社の論社の一つ、愛鷹山頂の愛鷹明神と、桃澤神社は本来別の神社であり、いつ日か、桃澤神社の相殿に、愛鷹明神が合祀されたそうです。

桃澤神社

所在地 桃澤神社里宮 静岡県沼津市青野504

    桃澤神社中宮 静岡県沼津市宮本

    桃澤神社奥宮 静岡県沼津市愛鷹山山頂

御祭神 木花開耶姫命

    瓊瓊杵命

    建御名方神

御利益 牧場経営 事業成功 夫婦和合

 

創建愛鷹山縁起によれば、第七代孝霊天皇元年(紀元前二九〇年)、又一説には奈良時代、元正天皇霊亀三年(西暦七一七年)とも伝えられており、いずれにしても古い神社であります。 平安時代、後鳥羽天皇建久五年(西暦一、一九四年)源頼朝公が富士の巻狩りに際し、愛鷹明神が馬を愛でられるところから 神馬として駿馬(青色)九十九頭を奉献され此れが愛鷹山牧場の濫觴であると言われております。 戦国時代、正親町天皇、永禄・元亀・天正の頃、今川・武田両氏相次いで神馬を保護し愛鷹山一帯の芝地を神領とされた。 天下統一後の徳川家康も又今川・武田両氏に倣って神馬を保護されております。引用元:愛鷹明神桃澤神社沼津市/静岡県 | Omairi(おまいり)

コメント

タイトルとURLをコピーしました