【伊豆山神社】“ 源頼朝・北条政子・小泉今日子さんに愛された神社 “

心むすび雑記
心むすび

“  熱海の 温泉 龍 に会いに行こう “

1月16()は一粒万倍日、天赦日のダブルと言う事で初詣に来ました。

場所は海中より温泉が凄まじく湧きあがり海水がことごとく熱湯となったため、「あつうみが崎」と呼ばれていた「熱海」です。熱海は場所により泉質が違うそうで「通」好みの温泉のようです。江戸時代には徳川家康公も熱海温泉の虜になり、療養中の吉川広家のお見舞いにその湯を京都まで運ばせたと言われ、温泉パワーで天下統一まで成し遂げた。
本殿

本殿

コロナ禍の関係で1229()に明治神宮に行ったので初詣は良いかなとは思いつつ、関八州総鎮州護伊豆山神社に来ました。

伊豆山神社はかつて、伊豆御宮、伊豆大権現、走湯大権現、走湯山と呼ばれていました。後白河院御撰『梁塵秘抄』では「四方霊験所」のひとつとうたわれ山岳修験場として名を馳せ、顕密神道を学ぶ名高い道場となりました。

伊豆山神社

所在地 静岡県熱海市伊豆山708−1

創 建 五代孝明天皇の時代

御祭神 火牟須比命(ほむすびのみこと)

    天之忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)

    栲幡千千姫命(たくはたちぢひめのみこと)

    邇邇芸命(ににぎのみこと)

御利益 強運守護 福徳和合 縁結び

御由緒

御由緒

神威の源は、湧き出る霊湯「走り湯」です。走湯権現とはこれを神格化した呼び名で、伊豆の国名は湯出づる神である当社の神徳に由来します。

伊豆山神社 おすすめ

伊豆山神社 おすすめスポット

  ・赤い鳥居 小泉今日子奉納

  ・参道

  ・赤白二龍

  ・光り石

  ・道祖神

  ・頼朝、政子 腰掛け石

  ・本殿の彫刻

  ・本宮社(奥宮)

 

伊豆山神社には駐車場が二つ有り、本殿の横と本殿から170段下がった鳥居の脇近くに有ります。

今日は9:30で下の駐車場が満車の為、坂道を通り本殿に向かいます。

御朱印
御朱印

御朱印

御守り
御守り

御守り

鳥居 ⛩

鳥居

鳥居

小泉今日子さん奉納の赤い鳥居に挨拶をし、車で通過します。

警備員の案内の場所に車を止めます。

私は以前より小泉今日子さんが鳥居を贈ったと理解していましたが、実は伊豆山神社の老朽化の為に本殿改修寄付金数億円の代わりに鳥居に名前を入れたとも言われています。平成22年だと直ぐに『あまちゃん』の出演が決まった位ですか。後々、御祭神のひとりに小泉今日子さんの名前を刻んで欲しいですね。

参道

参道

参道

半年前に参拝に来ていますが、前回は鳥居の駐車場から階段を下り、走りの湯から海岸まで下がり海水にタッチし837階段、海抜170mを一気に駆け上がりました。

本宮までの参拝路

本宮までの参拝路

本宮までの案内図

今回は海抜380mにある本宮を目指します。

出羽三山神社の2038段に比べると海抜380mでも楽勝ですが、駐車場が狭い為長居は無用です。

境内案内

境内案内

伊豆山神社案内図

先にお守り、おみくじを頂き参拝をします。

御守りに参拝時の感謝・願いを込める為購入しました。

ちなみにおみくじは吉でした、幸先良いのではないか。

手水舎

手水舎

手水舎

赤白二龍 🐲🐉

伊豆山の地底に和合して横たわっている赤白二龍様に罪や穢れを洗い流して貰います。

赤白二龍

赤白二龍

『走湯山秘訣』の中で「この弊赤白の龍は伊豆大権現の化身であり、地下で熱海の温泉を沸かしている」と伝えています。
『走湯山縁起』では「を箱根の湖水(芦ノ湖)に漬け、そのは日金嶺(伊豆山)地底に在り、温泉の湧く所(走り湯)は此の龍の両目二耳並びに鼻穴口中なり。二龍精気を吐き、赤白海水に交わる。二色浦(錦ヶ浦)はこれを謂うなり」

伊豆山神社本殿 参拝

本殿

本殿

源頼朝・北条政子のゆかりのある神社で有り、小泉今日子さんに愛された神社

光り石

光り石

光り石

走湯山縁起と吾妻鏡の大磯高麗山(高来神社)より道祖神(猿田彦大神 天宇受売命)とともに来た神様が降り立つ光り石です。

道祖神

道祖神

道祖神

進むべく道を見失い思い悩める時 困難にぶつかり挫折してしまいそうな時 ひとすじの光りのごとく正しい道をさし示し導きくださる神様です。

頼朝・政子腰掛け石

腰掛け石

腰掛け石

島流しにあった源頼朝と豪族の娘北条政子が出会い、源氏再興、成功に導いた神社として有名です。

ふたりは伊豆山神社であい、源氏の再興を神様、龍神様に誓ったのでしょう。

 

本宮

一旦着替え、元宮・本宮社ハイキングの準備をします。

伊豆山神社にきたら本宮に行かないと行った事にならないと言う人もいます。

年始神社の初詣として本宮参拝いたします。

本宮へは白山遥拝所から登り口が有ります。

白山神社 遥拝所

白山神社 遥拝所

白山遥拝所

白山神社

白山神社

白山神社

 

磐座

磐座

磐座

ハイキングをすると直ぐポカポカして、ダウンジャケットを着ていると暑い位です。

晴れているので脱ぎます、トレーナーで充分です。

お社

お社

白山神社の上に磐座があり、お社が置かれている。

 

稲荷大神

稲荷大神

子恋の森公園 〜 稲荷大神

稲荷大神は伊豆山神社とは関わりがない様ですが、参拝ルートに含まれている様な佇まいが有り、参拝いたします。

結 明神社

結 明神社

結 明神社

子恋の森公園から舗装道路が続き、ここより急勾配のハイキングコースに戻ります。

本宮

本宮

元宮・本宮社

ご由緒

ご由緒

行きは参拝者さんのペースを乱す事なくゆっくり登り約50分、マスクをしているので息があがります。

本宮で年始と一粒万倍日、天赦日のパワーを頂き、周りの景色を見て帰ります。

一般に奥宮にトイレが有るのは珍しく、本宮、子恋の森公園と設置されてより清潔感がある感じだ。

近道

近道

帰りは子恋の森公園に戻らず、近道の分かれ道を選びます。

人の気配を感じないので通る人も少ないのでしょう。

道悪を下ると30分弱で着くので早い事は間違いありません。

降り口

降り口 小泉今日子奉納 鳥居前

鳥居前にでますが時間帯を考えて通行をおすすめします。

社務所に戻り御朱印をいただきますが、奥宮の御朱印は置いていないとおっしゃっていました。

なかなか楽しい神社参りでした。

来宮神社もまわります。

 

来宮神社

十数年前より見た目の変化が著しい来宮神社。

特に女性客が特に多く、女性を意識した演出も魅力です。

神聖かと言う点ではよくわかりませんが熱海集客の一因になった事には間違いありません。

熱海に旅をする際、必ず訪れる愛される神社にも変化している事も熱海を代表していると言えます。

御由緒

御由緒

所在地 静岡県熱海市西山町43−1

御祭神 大己貴命  (おおなむちのみこと)

    五十猛命  (いたけるのみこと)

    日本武尊命 (やまとたけるのみこと)

御利益 商売繁盛 温泉守護 縁結 禁酒 交通安全

来宮神社 おすすめ

おすすめスポット

  ・大楠

  ・開運出世弁財天

御朱印
御朱印

御朱印

大楠

大楠

大楠

大綱事件と言う事件の中で、大楠を伐採しようとした時に白髪老人が現れ両手を広げ大楠を守ろうとした。伐採しようとした斧は真っ二つに割れてしまい、神様のお告げであると信じられ伐採が中止されたと言われた大楠である。
樹齢2000年以上、幹の太さ23.9mの国の天然記念物で有り、一回りすると寿命が1年延びると伝えられている。大楠は「不老長寿」無病息災の象徴とされている。

パワーが強い事から、触ったり、抱きついたりする参拝者が多い。

現在は大楠の周りは木製の回廊・階段が造られている。

開運出世弁財天

蛇石

蛇石

開運出世弁財天に祀られている蛇石

伊豆石でできていて、江戸城のお堀にも使われます。

伊豆山神社の後、来宮神社の主要箇所の参拝しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました